Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2014年5月

先日、マイクロソフトの新製品が発表されました。SurfacePro3ですね。大方の予想では、8インチタイプのSurfaceMiniが発表されるとのことでしたが、ふたを開けてみると、なんと12インチのSurfacePro3でした。

新製品のプレゼンを見ていると、ノートパソコンとの比較に終始しているわけです。タブレットらしい機能はペン機能ぐらいですね。これにしても、これまでのSurfacePro2と同じもので、Adobeが新しいアプリを提供することで、ちょっと目新しさを演出しているだけ。

 

根本的に、Windowsをタブレットで使う意味は何でしょうか?特に、タブレットでOfficeアプリを使う意味が在るのでしょうかね?

タブレット本体だけでOfficeを使うのは面倒です。案の定、今回もマウス(タッチパッド)とキーボードを同時に発表しています。

「Windows、特にOfficeを使うには、キーとマウスが必須」ということをマイクロソフトが自ら認めていることに他なりません。

ということは、ノートパソコンの延長として、タブレットを理解しているのでしょうか。ノートパソコンならばこれまでにもたくさんのものが発売され、その究極の形が、MacBook Airということになると思います。MBA対抗の商品として、SurfacePro3を発表したならば、何となく理解できます。

 

マイクロソフトは、所詮、ソフト屋で、Officeソフトで差別化するしかないのですね。ハードに手を出すことが本当に必要なのでしょうか?今や、少し売り上げが鈍ってきたタブレットにわざわざ進出して、ノートパソコンの様なものをタブレットと称して、AndroidタブレットやiPadに対抗しようとする戦略が全く解りませんね。

もし僕が現役で、仕事でOfficeがどうしても使いたいならば、ノートパソコンを買います。遊びやネット閲覧でタブレットが欲しいならば、Androidの安いタブレットを購入しますね。こんな高い、重たい、ノートパソコンでも無い、タブレットでも無いものは、絶対に買わないですね。

 

おじさんは、昨年、iPadにちょこっと飽きてきた時に、Windowsタブレットに興味を持って、いろいろ見てみました。Surfaceの画面サイズで、Officeを使ってみましたが、マウスは指で代行しますが、正確にタッチできません、そして、文字入力時は画面の半分以上をソフトキーボードで覆ってしまって、使いづらいのです。

8インチのWindowsタブレットに至っては、Officeは画面が小さくて、Excelのカラムを拡大して入力していると全体像が全くつかめません。さらに、WordやPowerPointは、全体像がつかめ無いので、全く使えないのです。

一方、タブレットとしての便利なアプリが余りにも少ないのですね。デスクトップで利用するアプリではなく、タブレットとして利用するストアで配布されているアプリとしては、今では解りませんが、昨年は、DropBoxやEvernoteすら専用アプリがありません。

このように、調べれば調べるほど、Windowsタブレットは使い物にならないということが解りましたが、今回の発表で何か画期的なものが登場するのかと思ったら、ノートパソコン型タブレットだったわけで、本当にがっかりです。

ひとまず
from My Zultra

Read Full Post »

Googleのシュミット会長が、「iPhoneユーザーがAndroidに切り替えたら、MacユーザーがWindowsに戻れないと同じように、二度とiPhoneには戻れないよ」ってな話を書いています。そして、わざわざ、移行方法を伝授していますね。

確かに、Androidは、iPhoneより便利で、且つ、開放感があります。自由で、制約が無いところが良いですが、一方で、Windowsがそうであったように、制約が無いことは、セキュリティー的にはかなり脆弱であると言うことですよね。一度、同会長がTVのインタビューで「Androidは、iPhoneより安全だよ」ってな発言があって、かなりブーイングが起きたとのことです。

ところで、彼の移行方法のところで、やはり、「iMessage」について書いていますね。僕も一時解消したかと思いましたが、未だに、この問題を引きずっています。この問題は、どうも、Appleも2011年から認識しているようですね。Webサイトで、「僕のiMessageは、どこに行っちゃったの」で検索するとたくさん出てきます。Appleは、ひょっとして、この問題を放置することにより、iPhoneから他の機種への変更をしにくくしているのかもしれません。

昔のMeMobileの時、JOBsが怒鳴りまくっていたように、Appleのクラウドサービスは未だに未完成のような気がします。特に、me.comのメールサービスでは、遅延、メール紛失など多発して、有料サービスを一時無料に切り替えたりしていました。この「iMessage」問題もMobileMeの名前を変えた同じクラウドサービスであるiCloudの一機能の問題ですから、解決はかなり難しいかもしれません。

僕自身、me.comメールでは、ある日突然、すべてのメールが消えてしまったので、唖然として、それ以来使っていません。もちろん、メールアドレスは在るので、時々、開いてみると、Appleの宣伝メールが多量に入っていたりしています。さらに、SIMフリーのiPhoneに切り替えたときは、iMessageやFaceTimeの設定で歯車がまわったまま、設定完了できていないことがありました。そして、今度のNexus5移行時のトラブルです。この点は、困っちゃいますね。

 

ところで、今回の主題は、シュミット会長が言うように、もう、iPhoneには、戻れないのかということです。

Android4.4になって、サクサク感がiPhoneを勝っており、大きなディスプレー、NFC機能、無接点充電など、iPhoneには無い機能がたくさんあって、戻らなければならない理由が無いのです。むしろ、Google関係のサービスを使っている上では、Androidの方が使い易いですね。

僕は、iMessageの問題が在るので、iPhoneに戻るのは何となく苦痛です。加えて、戻る理由が今のところ見つからないということも在りますね。あえて、戻る理由を探すとすれば、iMessageやFaceTimeを使って、家族、友人との無料MMSと無料通話ですかね。

 

これも、頻繁に利用するならば必要かもしれませんが、GmailやLine、Skypeがあるので事足ります。さらに、僕が使っているSIMでは、外出先のインターネット接続速度が、200kbpsなので、FaceTimeオーディオは全く使い物にならないのです。そう言った意味では、最初にSIMフリーiPhoneを購入した理由が、今や全く無くなってしまっていることも、戻る動機付けが弱い理由ですね。

 

おじさんは、物理的な意味(ちょこっと、ズボンのポケットには大きいかな、ってなことを除いて)で、Nexus5を使い続ける理由も、iPhoneに戻す理由も在りません。

ただ、精神的な理由でNexus5からiPhoneに戻すことはあり得るかなっと思っています。それは、やはり、マカーというJobs教の信者なので、Nexus5は、一時的な気の迷いかもしれません。(戻したときは、当然、iMessageやFaceTimeオーディオはOFFのままにしておきます。グチュグチュが苦痛ですからね)

(`ヘ´)(`ヘ´)(`ヘ´)

ひとまず
from My ZUltra

Read Full Post »

最近、手に入れたNexus5をiPhone5Sの代わりに使っています。以前は、OSの安定感やアプリの完成度が低いので、着信や着メールなどを逃したくないということで、常時携帯するスマホとしてiPhone以外は使えないと堅く思っていました。

リタイヤの身となっても、毎月の経費を安くしたいため、SIMフリーのAndroid携帯を購入して試しましたが、iPhoneに勝るものが無く、ひたすら、ソフトバンクの料金が安くなることを願っていました。そのころ、海外からSIMフリーのiPhoneを購入して、MVNOのSIMを刺せば、料金が安くなったのでしょうが、当時では、通話ができるSIMはb-mobileのSIMしかなく、料金もソフトバンクとの契約料金と大差なかったので、敢えて、購入をしませんでした。

昨年、圧倒的に安いb-Mobileの「スマホ電話SIM」が発売され、さらに、iPhoneのSIMフリー版がアップルから発売されたので、一気に、通信料金削減計画に突っ走ったのです。

このときに、なぜ、他のSIMフリーのスマホ、たとえば、Nexus5に走らなかったかは、昔の記憶があって、Androidスマホへの信頼感が無かったからです。

ところが、最近、ちょっとした気まぐれで、ZUltraを購入し、そのサクサク感、OSの安定度、アプリの完成度に驚いたわけです。iPadMiniの代わりのタブレットとして全く問題ない出来でした。

所詮、リタイヤの僕はタブレットを仕事に使うわけでは無く、日常のインターネットアクセスやブログ書きに利用できれば十分なわけです。とはいえ、アプリがハングしたり、アクセスに時間がかかったり、書いたブログが一瞬で消えてしまう、などのことが起たらストレスな訳です。昔のAndroidタブレット、Nexus7やFonePad等では、これが頻繁に発生して、ストレス溜まりまくった訳です。たかがタブレット、されどタブレット、日常に使うものは安定感と信頼感をリタイヤの身でも求めることは自然でしょう?

ZUltraの出来の良さに驚き、では、タブレットでは無く、スマホはどうだろうか、果たして、iPhoneの代わりとなるスマホに進化しているのだろうか、という興味が湧くのです。ここで、SIMフリーのXperiaのスマホでは、iPhoneと値段的にほとんど変わらないのでおもしろくないのです。

そこで、ZUltraと仕様的に同じで、安いものということで、Nexus5を選択しました。70000円したiPhone5Sと、40000円のNexus5です。もしこれで、ZUltraのようなサクサクな動きならば、これは、iPhoneよりコスパ最高なわけです。

まず、SIMは、iPhone5Sに入れていた「スマホ電話SIM」を入れました。APNは、さすが、すでに登録されており、それを選択すると、あっという間にLTE接続ですね。これは、iPhoneのようにごにょごにょしなくて良いのですっきりです。試していませんが、テザリングも可能かもしれません。

OSの安定度、アプリの完成度は、iPhone5Sと遜色在りませんね。唯一、「iMessage」や「FaceTimeオーディオ」で引っかかりましたが、それ以外は全く問題在りません。僕は、スマホでは、通話とSMS、Line、Skypeが使えればOKなわけです。

特に一番気になるのが、海外でローカルな電話がかけられ、且つ、日本からのSMSと電話が受けられることが重要な要素です。「たかが携帯、されど携帯」、この部分で使い物にならなければ、日本で全く問題ないといえども、決してiPhoneの代わりが勤まることができません。

この辺が確認できて、遜色ないとなれば、これまで、長く使ってきたiPhoneから離れることも可能になるのです。2008年8月、Nokia携帯からiPhone3に乗り換え以来の6年間の精神的な閉塞感から解放されるのです。

おじさんは、外出時にNexus5を持って出かけます。ズボンのポケットに入れていますが、やはり、大きいですね。外出先でのSMSや通話には問題在りませんが、この大きさの違和感に、まだ、慣れていません。

歳をとると、どうしても変化を嫌う傾向が在ります。あまり気にせず、「たかが携帯」、気軽に行こうと心に言い聞かせていることは内緒ですよ。
(^_^;)(^_^;)(^_^;)

ひとまず
from My ZUltra

Read Full Post »

さて、前回お話ししたように、なんやかやと理屈をつけて、Nexus 5を購入しました。Google Playからの購入ですが、案外早く到着しました。

wpid-wp-1399856720694.jpeg

 

今回は、SIMフリーのiPhone5Sの代わりに、このNexus5を利用しようと思っています。昔、初代SIMフリーのGalaxyNoteをiPhoneの代わりに使おうかとしたとき、処理速度の遅さや、アプリの完成度の低さなどなどで、ストレスが溜まりまくり、断念したことがありました。

最近、ZUltraを使っていて、出来が良いので、同等の仕上がりと言われているNexus5ならばストレスも溜まらないだろうと購入する事にしました。

Android機は、

1)OSのバージョンが4.4

2)RAMが2G

3)CPUの動作周波数が2.2GH

の3条件が揃ったことにより、快適な操作環境ができあがったように思います。ZUltraは、サクサクなんてものではなくて、操作に全くの引っかかりが無く、ストレスフリーに利用できています。もちろん、iPhone5Sも 全くのストレスフリーで使えています。

さて、全く同じ様な仕様のNexus5はどうでしょう。iPhone5Sと並べてみました。

wpid-wp-1399857882813.jpeg

 

ご覧のように、画面サイズが5インチと4インチの違いは、並べるとわかりますが、結構違います。もちろん慣れでしょうが、ポケットに入れたときのサリゲナサは、やはり、3.7インチのiPhone4が一番かと思います。
とりあえず、Nexus5は、ZUltraに比べれば、圧倒的に、コンパクトで、なおかつ、ZUltraと同じようにサクサク動くので、とても気に入りました。iOSと比べて、Androidの良さは、OSが安定してきたので、

・アプリ間をスムーズに行ったり来たりできる「戻り」ボタンの存在
・いろいろなアプリ間でのデータの共有が簡単にできる
・ホーム画面に配置できるWidgetがかなり便利で、見やすい

ということで、最近少し飽きてきたiPhoneより、新鮮な気持ちで、使えそうです。これまでのiPadMini+iPhoneにかわり、これからは、ZUltra+Nexus5となりそうです。

SIMフリーのiPhone5Sから、Nexus5に移行するとき、同じ「スマホ電話SIM」を使いました。ナノSIMをマイクロSIMにするアダプを使います。SIMを入れて、APNを設定すればすぐに使うことができます。

ここで、案の定、心配していたことに引っかかりました。それは、iPhoneというか、MAC系にはすばらしいインターネット回線を利用した連携機能があります。つまり、フリーのMMSである「iMessage」とフリーの通話である「FaceTimeオーディオ」です。

この2つは、携帯の電話番号も関連付けてあるため、僕の電話番号の入ったSIMがiPhoneからNexus5に移って、「iMessage」が使えなくなっているにも関わらず、別のiPhoneからSMSを送ると、「iMessage」として送信してしまうため、しばらく、Nexus5に届きません。これでは、快適な速度のSMSの意味が無いですよね。ということで、いろいろやってみましたが、うまく行きません。

ところが、次の日には、Nexus5には、「iMessage」が送信できないのだということが、別のiPhoneがやっと認識してくれました。要するに、iCloud上で「僕のアップルIDに紐付いている携帯番号はiPhoneでは無いよ」ということが知れ渡ったのですね。

「iMessage」や「FaceTimeオーディオ」は、家族間や友人同士でインターネットにつながっていれば無料のMMSや通話ができるので便利ですが、こうしたAndroid機への移行時などは、面倒ですね。さら、「スマホ電話SIM」のデータ通信速度である200kbpsの速度では、「FaceTimeオーディオ」は全く使えないので、Nexus5に移行してもあまり影響はないと思います。

 

おじさんは、ズボンのポケットに入れるにはちょっと大きいNexus5ですが、文字のサイズなどが大きくて老眼に優しいので、これは、これで、有りかな、って思ったりしています。往年のマカーが、少しずつ、Macから離れて行きます。これも、Jobs亡き後の、何となく、新しいワクワク感を体験させてくれないからなのかもしれませんね。

( -_-)( -_-)( -_-)

ひとまず

from ZUltra

Read Full Post »

無印のiPhone5の電源スイッチの不具合に関する無償交換サービスが始まりました。このサイトでシリアル番号を入れると、自分のiPhone5が交換対象かどうかがわかります。
別に不具合が発生していなくても交換してくれるかわかりません。残念なことに、女房が使っているiPhone5が対象でした。特に、不具合が発生しているわけでは無いのですが、いずれ、不具合が発生するようならば、交換しておくか、っと思っています。

 

欧米の様に、あまり頻繁に機種変をしないで、長い期間利用するならば、いずれ発生するということならば、早めに、ということが考えられます。

もっとも、日本では、キャリア提供のiPhoneの場合、2年が経過すると、毎月の通信料は変わらずに、機器代金は実質ゼロ円で、新しいiPhoneに交換する事が可能な料金体系になっている、いや、むしろ、毎月の支払いが一定ならば積極的に新しいiPhoneに交換した方がお得感があるのです。その際、古い機種は下取りや買い取りに出せば、少しは現金化や、毎月の費用からの値引きになるわけですね。

ところが、今回のiPhone5からこの様相が変わりそうなのです。この修理対象の機種が、不具合修理をしたかどうかを確認できるサイトが無いので、買い取り業者が、買い取りを拒否しているのです。新しい機種が出て、機種変しても、古い機種が、売れないのです。一方、キャリアの下取り制度では、新しい機種を購入した場合のみ、対象機種の修理の有無にかかわらず、下取りするプログラムが用意されると思います。

 

さらに、この修理に出す場合、2週間ほどの預かり修理となり、代替機の提供もあるようです。ところが、代替機の数に限りがあって、ほとんど、借りることは無理なようです。とすると、修理の期間中は、iPhone無しで過ごさなければならないわけです。これは、かなり、厳しい選択ですよね。
無償修理よりは、同機種への即時無償交換、または、5s、5cへの交換ならば良いのですが。昔のアップルならば、そうしたかもしれませんが。。。。

 

さて、僕はどうするかというと、代替機が在る、無しに関わらず、もう少し落ち着いたら、修理に出そうかと思っています。その際、女房は現行サイズが気に入っている、iPhone6のような大きなサイズは使いづらいとのことで、僕が持っているSIMフリーiPhone5Sを提供しようと思っています。iPhone5の修理が終わっても、これは買い取り業者に出せないので、スマホカーナビ専用にしようかと。で、僕はというと、安いSIMフリーを購入して使うっということと思っています。(もっとも、このiPhone5は、10月で割賦支払いが終了し、そのとき下取りサービスが付いて、iPhone5Sが安く提供されるならば、機種変ということも考えられます)

 

実は、Xperia Z Ultraがことのほか出来が良いので、最近はAndroid機を気に入ってしまったのです。前回も書いたように、チマチマとiPhoneをいじくっていることがバカみたいに思えるZUltraなのです。かといって、ZUltraを普段のスマホとして利用するには、かなり、大きいのです。もちろん、ズボンのポケットに入りません。iPad Miniの替わりには充分成りますが、iPhoneの替わりにはなりませんね。

ということで、安いSIMフリースマホとして、CoviaFreetel、などを考えましたが、どれも、RAMが512 KBで、Androidのバージョンが、4.1又は4.2なので、ZUltraほどの快適感が無いのです。64ビットマシンの快適さをiPhone5Sで味わっており、ベンチマークで最高値をたたき出すZUltraを使っている身としては、感覚がかなり贅沢になっているのです。そこで、出自が気に入りませんが、Googleのフラグシップスマホである「Nexus5」を購入することにしました。

 

おじさんは、なんやかや、理屈をこねて、あたらしいガジェットを手に入れて、遊びたいのですかね。(^_^;)(^_^;)

とはいえ、JOBS亡き後のアップルはちょっと面白みが欠けてきています。iPhoneも画面を大きくしたりするだけで、内容的にはあまり変化がありません。ポケットに入れて、違和感が無いのは、本当は、iPhone4だったかもしれません。

 

さらに、タブレットの売り上げも頭打ちになったとも言われています。おじさん自身、iPad MiniとiPad4を持っていますが、更に、買う必要も無く、又、買い換える理由も見つかりません。iPadが売り出されたころは、何か新しい使用体験をさせてくれるという期待感でワクワクしたものです。事実、購入したら、便利、簡単、丈夫ということで、これまでの「ヤワな」パソコンを使うのがばかばかしくなるほどでした。

 

こういった新しい生活体験、使用体験をさせてくれる物が、ここしばらく出てきません。おじさんのワクワク感が感じられる歳の内に、経験させてくださいね。。

ひとまず

from My ZUltra

 

Read Full Post »