Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2014年6月18日

Sonyは、昔から、アイデアは良いのだが、製品として完成度が低いにもかかわらず販売を開始してしまう、伝統を持っています。オーディオ、Vaio、Clieなど結構Sony製品を購入しては、裏切られ、騙し騙し使ったり、即、買取業者に持って行ったりしたものです。

 

昨年までは、Androidスマホは、iPhoneに較べて、処理速度は遅く、アプリのハング、アプリの完成度が低く、ファイルがどこかに無くなってしまう、などが頻発して、全く使う気持ちが起きませんでした。ところが、今年の初め、その薄くて、板の様な斬新なデザインで登場したXperia Z Ultraにフラフラと成って、購入してしまった訳です。

これまでのAndroidスマホに較べて、気持ちが良いほどにサクサク動き、Android自身も安定して、アプリのハングも全く無くなっていたのです。「Androidって使えるじゃん」、っと覚醒させられた機種でした。

 

ところが、たった一点、Sonyの悪い伝統が残っていました。スタイラスを使った手書き機能が、このZUltraの特徴の一つでありながら、全く使い物に成りません。アプリも初心者が作ったかのような機能とデザイン、更に、スタイラスペンの反応を良くするためにスクリーンの反応を敏感にしても、文字は掠れ、手の甲に反応して、直線が走ったり、そりゃ、全く使い物に成りません。

ということで、手書きについては、iPadMIniには到底及ばず、だんだんに、手書きノート、自炊本を読書などにiPadMIniを多用することに成り、ZUltraを使う機会がどんどん減って行き、最後は、机の文鎮替りに成り果ててしまったのです。

 

折角、衰退のSonyを少しでも応援してあげようかなって思っていましたが、文鎮と化したZUltraを持っていても意味がないので、ここで、思い切って買取業者に行きにしました。

 

さて、最近、Wifiのアドホックモードで接続できるSDカード、USBメモリーのリーダー「ポータブルワイヤレスサーバー」なるものが評判になって来ました。

スマホの中にはSDカードを挿して、ストレージの増設ができないものが多くあります。その代表的なものが、iPhone、Nexus5です。ドキュメントなどは、クラウドに入れておいて、必要な時に取り出せば良いのですが、動画などのストリーミングはクラウドでは難しいですね。

また、外出先で撮影した動画や写真をスマホを経由してネットにアップしたい時があると思います。デジカメ、ビデオのSDカード内のデータを読み込んで、ネットにアップできると良いですよね。Wifi機能が付いたカメラやビデオを買えば良いですが、中々、予算が許さないです。

 

ということで、最近、スマホとWifiのアドホック接続できるポータブルワイヤレスサーバーが開発されたのです。本来は、プレゼン資料をSDカードに入れて、LAN回線が無いところでの会議で、資料を共有するための装置だったのです。昔は、本体にハードディスクを備えたワイヤレスサーバーを使っていた様ですが、本体にストレージを持たずにSDカードやUSBメモリーなどを挿して使う装置に変遷して来た様です。

 

SDカードなどをストレージとして使うことに成って、小型化(ポータブル化)されたこのワイヤレスサーバーが化けて行くのです。今や、会議の資料共有から、個人のスマホストレージ増設用や、カメラやビデオのデータとスマホ連携用に、更に、この装置に大容量バッテリーを積んで、外出先でのスマホバッテリー補充用としてまで使えるまでに成長して来ました。

 

この様なポータブルワイヤレスサーバーは最近多く見かけます。値段的に、5000円から10000円に成って来たので、そろそろ、購入したいなっと思っていました。もちろん、海外旅行時のiPadMIniやNexus5での動画閲覧用のストレージとして使いたいなっと思っています。最近のSDカードの容量増加は目を見張ります。僕は、32GのSDカードの中に、未視聴の動画データを全部いれることが可能です。手持ち全部を入れて、その時の気分に応じて、選択して見るという、この自由度は素晴らしいことですね。まるで、大容量のiPodに音楽ライブラリーすべてを入れて、その日の気分で聴くことができるというものと同じ感覚です。(海外旅行用に、iPodNanoに動画を入れて見ることは前回話しましたが、大きな画面での視聴とと選択の自由度拡張には勝てないかも)

 

色々ある中で、デザイン的に良いものと言うと、どうしてもSonyと成ってしまいます。Sonyの伝統も心配でしたが、2013年11月に第2世代のポータブルワイヤレスサーバー(WG-20C)が発売されました。更に、これまでのSonyの方針とは違って、利用アプリもiOSやMacOSにも対応したのです。これまで、マカーには冷たかったSonyですが、Vaio事業売却によって、この辺の規制が取れたのかもしれませんね。

レビューを見ても、第1世代の評判は最悪ですが、第2世代はまずまずの様ですね。更に、僕はビデオレコーダを持っていませんが、「お出かけ機能」対応のSDカードも再生出来る様なのです。(これで、更に、Nasneを買っちゃうかな???)

おじさんは、ZUltraを買取業者に出したその足で、早速、ヨドバシに行き、黒の「Sony ポータブルワイヤレスサーバー」を購入しました。薄くて、Xperiaデザインが気に入りましたが、ちょっと大きいのが気になりますね。Nexus5と並べてみました。

wpid-Photo-20140618115254.jpg

とりあえず、iPadMIniとNexus5にアプリを入れて、設定しました。その辺についてはまた次回ですね。

 

ひとまず

from My iPadMini

 

 

 

Read Full Post »