Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2017年2月26日

いつものように、冬のヨーロッパ旅行は安上がりで、空いています。今回は、初めてのところなので添乗員付きのグループ旅行を選択。行き先は、ポルトガル。この歳になると、美味しい物(美味しいアルコールは必須)と美しい景色を求めての旅となります。ということで、ポルトガルでは、ポートワイン、エッグタルト、ファドの3つがメインテーマです。

 

今回の旅は、酒好きに僕向きに合わせたかのように、ポートワインのふるさと、ポートにまず最初に滞在し、ポートワインのディストラーの一つ、「Sandeman」見学とお決まりの試飲です。ポートワインは、日本では、あまり知られていないワインですが、年代物はものすごく高価で、うっとりするほどの美味しい物があります。(昔の赤玉ポートワインは邪道)

img_0930

そして、午前中から、結構な量の試飲タイムです。芳醇な味ですが、甘いです。食後のワインとして飲むのがいいかも。

img_0925

 

 

最近、日本ではチーズタルトが流行っていますが、僕は、どちらかと言うと、エッグタルトの方が好きです。ポルトガルは、エッグタルトが有名で、できたての熱々が美味しい。

 

img_1045

 

さて、これで、今回の旅の目的はほとんど終わりですが、ポルトガルの食事について少し。今回は「ツアー飯」なので、ポルトガルの名物料理を毎回食べた訳です。名物料理とは、魚料理が中心です。僕は、魚料理が苦手なので、毎回、魚ばかりで。。。。

img_1048

「鰯の炭火焼き」そのものがお皿にポンっと載っているのをみたら、一気に食欲無し。更に、これをナイフとフォークで食するわけです。もちろん、内臓を取り除きながら。味付けは、塩味ですが、これが結構塩っぱい。白ワインをガブガブ飲みながらの食事でした。ポルトガル人は、魚料理が好きで、ツアー飯も毎回、何かしらの魚料理。最後の日は「肉食いたい」ってな気持ちになって、チョイスメニューで肉の盛り合わせを頼み、一気に食べました。

 

さて、最後の目的は、「ファド」ですね。いわゆるポルトガルの民謡を聴くのですが、僕は、薄暗い民謡酒場でお酒を呑みながら、絞り出すような声で歌う民謡を想像していましたが、外国人向け観光のディナーショーでは、全く、期待外れでした。本当にファドを聴きたいならば、現地の知り合いに、本場の民謡酒場に連れて行って貰う事がベストですね。期待外れの舞台、ファド。。。

img_1090

もちろん、このほか、ポルトガルですから、ヨーロッパ大陸「最西端」の岬に行ってきました。ここに立つと、あの有名な詩の一節「陸尽き、海はじまる」が解るような気がしました。

 

おじさんは、昔、友人にポートワインの話を聞いて、一緒に飲みに行ったことを思い出しました。年代物のポートは、Sandemanでさえ、日本ではあまり見ませんが、お値段も結構しました。ので、酒飲みの僕としては、安い、日本のAmazonで購入出来るポートで良いかな、ってな気持ちで今回はポートは買いませんでした。その代わり、鰯、タラ、タコ、うなぎなどの缶詰が有名なので、酒の肴として色々と買ってきました(肴は、魚料理では無いので食べれるのですよ。。。)

さて、今晩は、琥珀の液体とウナギの缶詰で戯れますかね。。。

ひとまず

from My iMac

 

Read Full Post »