Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2018年12月

キャッシュレスといえば、まずは、クレジットカード、デビットカード、電子マネー等のプラスティックの「カード」による支払いが主流でした。とは言え、都会ではほとんどの店でカードを使った支払いが出来ますが、ちょっと、地方に行くとコンビニ以外では、カード支払いの手数料が高い?(1〜3%程度ですが)ために、少額では対応しないとか、キャッシュ以外は受け付けない等の理由で導入していないところが多いですね。(都会でも、僕の行動範囲内では、病院、床屋、ディープな呑み屋、は使えません)

このカードを使った支払いの代わりに、スマホを使った支払いが登場しました。ところが、「カード」が「スマホ」に代わっただけで、上記のような問題は解決されていないので、相変わらず使えないところは使えませんね。

このような状況では、スマホを使った支払いが普及するとは思えません。唯一、電子マネーの交通系(Suica等)は、改札口でいちいち財布を出す必要がなくなるので、スマホ利用が広がる可能性はあります。

 

スマホを使った支払いには、スマホ自体に、あるセンサーが付いていないと使えません。(このセンサーを使わない支払いも最近登場してきましたが、これは後述します)

このセンサーは、NFCといわれるセンサーで、大まかに言うと、通常のNFCとFeliCaの2種のセンサーがあります。

海外では、通常のNFCを使った支払いがスマホ支払いの主流ですが、日本では、ドコモとSonyが組んだFelicaが主流です。「おサイフケータイ」という名前で実は日本では「ケータイ」を使った支払いというのは歴史が長いのです。

 

iPhone7にFeliCaを搭載し、ApplePayというアプリにクレジットカードやSuicaを登録して利用するという機能が付いて、「スマホ支払い」がようやく一般的になってきたと、思われます。

日本では、iPhoneの普及率が70%を越えていますが、iPhoneではNFCセンサーが搭載されていなかったので、「おサイフケータイ」は使えなかったのです。

ある意味素晴らしい機能である「おサイフケータイ」は日本だけのガラパゴス機能だった訳です。そこで、僕も含めて、iPhone7が登場する前までは、「なんちゃっておサイフケータイ」と言うことでiPhoneのケースの裏側にSuicaカードを入れて、改札口をiPhoneをかざして通過していたわけです。

さらに、最近になって、GoogleがGoogle Payを発表して、「おサイフケータイ」アプリをインストールせずに、スマホ支払いが出来るようになりました。もちろん、Androidスマホであり、且つ、FeliCaセンサーが搭載されていることが条件です。

 

さて、このように見てきて、キャッシュレスがどんどん進むかと思うと、どうかな?ってな気持ちです。

日本で展開されているスマホ支払いはApple PayもGoogle PayもFeliCaを使った物だけです。つまり、クレジットカードも「iD」や「Quick Pay」に置き換えられて利用出来る様になっています。

通常のNFCセンサーを使った、海外で共通のスマホ支払いは、日本では無いのです(唯一、少し前に紹介したMaster Card コンタクトレスでマクドナルドとローソンで使える物があります)

またもや、スマホ支払いもガラパゴス化になるのかと思いましたが、次回紹介しようかと思って要る「バーコード」支払いが出てきました。

 

おじさんは、色々なキャッシュレス支払い方法があって、何を使ったら良いのかすごく迷うのです。一応、ポイントをためる事を考えて、Suica+Viewカードの組み合わせを中心にスマホ支払いを愉しんでいます。

次回は、PayPayの顛末などをお話しましょうかね。いろいろ、やってみることも老化防止ですよね。でも、琥珀色の液体と戯れる事は、一貫しておりますが。

ひとまず

Read Full Post »

少し体調を崩していたのですが、かなり回復してきたので、ブログ再開です。

以前に、Google Home Miniをパソコンの横につるして、バックグラウンドミュージックを流すスピーカーとして使って居ると話しました。

では、どんなミュージックを流しているかと言うと、僕は、SmoothJazzが好きなのでその関係の音楽を流しています。但し、音楽の聴き放題のサービスがいくつかありますが、すべて有料です。Amazonの場合、Prime会員の場合は曲数に限りが有りますが、無料です。ところが、当然と言えば当然なのですが、Google Homeでは、AmazonのPrimeミュージックを流すことが出来ません。

Google Homeで流せるミュージックサービスは、Google PlayミュージックとSpotifyぐらいですかね。もちろん、どちらも、月額1000円程度掛かります。最初の頃は、Spotifyの有料会員になって流していたのですが、以下のようなサービスがあることを知って、Spotifyを退会しました。(もちろん、曲間に入る、宣伝放送をいとわなければ、無料のSpotifyを流すことは可能です)

 


さて、そのサービスとは、Google Playミュージックを使ったサービスです。僕は、過去、iPodで音楽を流しながら、通勤していた時の財産として、SmoothJazzのアルバムをかなり購入して、3000曲ほどのライブラリーをiTunesに貯め込んであります。もちろん、パソコンでこのライブラリーを再生すれば問題無いのですが、やはり、折角Google Homeがあるので、これを利用したいと思い、色々調べてみると、自分のライブラリーをGoogle Playクラウドにアップロードして、これを スマホで何処でも、オンラインで接続されていれば、聴く事が出来るのです。

このサービスを使って、いつでもGoogle Home Miniにアルバム名を言えば再生してくれます。もちろん、自分のアルバムを再生するわけですから、無料で聴く事が出来ます。また、小技として、Google Play Musicに自分のプレイリストを登録して、それを再生することが出来ます。

僕は、自分のアルバムのいくつかを組み合わせて、10個ぐらいのプレイリストをGoogle PlayのMy Musicに登録して、再生しています。自分の財産を生かしたバックグラウンド再生を実現できたわけです。

 

おじさんは、SmoothJazz系やインディーズ系のCDを米国出張毎に購入しておりました。最近はアルバムが増えていませんが、3000曲ぐらい在るので、当面は飽きないでしょう。

もちろん、今日のような、寒い日は、温かいホットウイスキーを友にSmoothJazzに浸っております。

ひとまず

Read Full Post »