Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘ガジェット’ Category

2010年に購入したiMacが最近動きがゆっくりになってきました。持ち主と同じようによる歳なみなのか、はたまた、5年の間に色々なゴミが積み重なったことが原因なのか、解りません。

考えてみたら、MacOSは4、5回アップグレードしています。ところが、昔のよういちいちクリーンインストールせずに、アプリのアップグレードのように上書きインストールを繰り返してきました。昨今のMacOSは、ハードディスクをまっさらにして、インストールすることに拘っていないようで、どんどんアップグレードしていけば良いのだ、っということに甘えております。

 

最新のOSを入れて、快調に動いておりますが、何か、昔のキビキビ感が無いのです。メモリー容量は目一杯の16GBを積んでいますが、あっという間にフリーメモリーが少なくなって、文字変換すらレインボーマークが回り始めます。このレインボーマークが出始めるとかなりストレスがたまり始めますので、メモリークリーンアプリを動かして、メモリーをクリーンにしますがあまり効果無く、再起動して、一旦フリーメモリーを増やします。

原因は、さだかでは無いのですが、僕は、iMacを使っている時は、いつもiTunesのインターネットラジオのSmoothJazzをストリーミング再生しっぱなしにしており、これを停止するとメモリーの減る速度が遅くなるような気がします。

 

パックインミュージック世代の僕は、常に音楽が鳴っていないと寂しくなります。そこで、SmoothJazzの再生をiMacでは無いものにしようと色々考えました。現在、iMacの音声は、Boseのコンピュータミュージックモニターで再生しています。これは、アンプ付きのBoseらしい音を出してくれるので、かなり気に入っています。ところが、これには、BlueToothレシーバーが付いていないので、音源とは常にイヤフォンケーブルで接続しなければなりません。

そして、音源としては、インターネット接続してSmoothJazzサイトのインターネットラジオをストリーミング再生しようと、iPodTouchを考えましたが、古い第1世代のiPodTouchはすでに買取業者に行ってしまっているので、これは断念。ちょっと、周りを見渡すと、使っていないWindows PhoneであるNokia Lumia636を発見。SmoothJazzサイトを見るとWindows Phoneのアプリもあり、即、インストールして、イヤフォンケーブルをスピーカーにつないで再生してみると、これが素晴らしいのです。

 

ところが、今時、Lumiaに電源ケーブルとイヤフォンケーブルの2本が繋がれているスタイルは全く「ダサい」そのものなのです。今のBoseのスピーカーを捨てて、新たに、BlueToothが付いたスピーカーを買おうかと思ったのですが、今のスピーカーは全く問題なく、素晴らしい音がするので、安いスピーカーでは満足できないだろうと、今のスピーカーを再利用する方策として、BlueToothレシーバーを探したのです。

レシーバーとして、何種類あったのですが、それほど高価ではなく、小型のものということで、ロジクールのレシーバーを購入。

こんな感じに、スピーカーとつなげて机に設置してあります。

IMG_0371

結構、小さいです。これで、Lumiaの設定でペアリングさせて、SmoothJazzのアプリを立ち上げれば、インターネットラジオを聞くことができるようになりました。普段は、Lumiaを別のところに置いて、音楽だけがiMacの左右から聞こえるという、以前と全く同じようになりました。

 

不思議なことに、iTunesのインターネットラジオ再生をやめてから、iMacのメモリー消費もほとんど発生せず、レインボーマークとも会わなくなりました。要は、iTunesを常時立ち上げて、インターネットラジオをストリーミング再生することには、かなりの負荷がiMacにかかっていたということなのかもしれません。

 

おじさんは、スマートな音楽環境ができたので、かなり満足です。

次は、本当は、とっても欲しかった、ゴールドMacBookのお話をしましょうかね。まだ、内緒です。。。。

♪( ´▽`)

from My MacBook

Read Full Post »

結局、琥珀色の液体と戯れた結果、寝過ごして、朝方、アップルサイトのKeynoteを見ました。

内容は、生産現場からリークされたので、噂通りのものでしたが、順番が意外でした。

  1. Apple Watch
  2. iPad
  3. Apple TV
  4. iPhone

ということで、真打ちは最後という、マーケティング手法そのもの。そのなかで、iPadとAppleTVに多く時間を割いて、力が入っていた様ですね。さて、それぞれについて、感想を少し。。。

⑴ Apple Watch

最近、売れ行きが鈍ってきたこの製品のテコ入れですね。一番安いSportに新しい色(ゴールド、ピンクゴールド)が追加されました。やはり、安いタイプが売れていたわけですね。スポーツタイプでも、「おバカ発見器」の仲間。通勤時間帯に電車に乗らない生活ですが、今までに、1人のおバカに会っただけです。あまり、売れてい無いのかな⁇

僕は、Pebbleを持っていなく、且つ、バッテリーが48時間(海外旅行で、12時間以上のフライトで、目的地に着いたら、バッテリー切れ、って時計じゃ無いですよね)以上保てば、今回追加された、ゴールドケース、ミッドナイトブルーのバンドが、チョッと欲しいかな。

(2) iPad

出る出る、と言われて、久しい13インチのiPadProがようやく発売されそう。とはいえ、11月までお預け。

僕自身、実態が解らず、単に、今のiPad Air(10インチ)より画面サイズが大きなこれが欲しいなって思っていたけど、寝る前のベッドのお供としては、重すぎ、大き過ぎなので、パスですね。

OSがiOsなので、フル機能のPhotoshopさえも使えず、MACの代わりにはなりません。さらに、キーボード付きカバーやスタイラスペンなど、WindowsのSurfaceProの後追いは止めろよ、って言いたいです。これで、どうせ、このサイズのタブレットを買うなら、Windowsのフル機能が使える、SurfaceProで決まりです。

なんか、プレゼンを見ていたら、Surface後追い感満載で、悲しくなってきました。さらに、やっぱり、売る気が無い、iPad mini4に、さり気無く、チョコっと触れていました。miniも終わりかな。
(3) AppleTV

凄〜く、期待していたのですが、任天堂のWiiのこれまた、後追い。スティックでSiriと会話できるのは、素晴らしいですが、スティックを野球のバットとして「振る」ゲームなどは、Wiiそのもの。もう、止めてくれって言いたい。でも、プレゼンをしていた女の子は可愛かったですね(って、オジンのセクハラか?)

と言うことで、これもパスです。
(4) iPhone

いよいよ、真打ち登場。一瞬、今日は、iPhoneの発表は無いのかと思っちゃいました。「3Dタッチ」を、次期iPhone7では無く、今回投入する事によって、Android陣営を周回遅れにさせたわけです。ハードとソフトの両方を生産するAppleの強みですね。又、女性好みのピンクゴールドを用意するなど、中国志向満載。

僕としては、安くなったiPhone6Plusを狙っていました。ところが、いろいろな人に聞くと、メモリーサイズが小さいので、よく落ちるよ、ってな噂を聞きました。一方、今回の6SPulsは、噂では、メモリーを倍増して2Gにしたとのことで、これで、落ちる事も無くなるかと期待出来るようです。とは言え、サクサク動く、Nexus6の替わりには、未だ、なり得ないかな、ってことで、iPhone7までお預けです。

ジョブスの時代は、後追いは決してせずに、全く新しい製品かのようなジョブスマジックをいつも見せてくれました。

その様な時代は終わって、アップルは、マーケットのニーズに合わせた、無難な製品を投入する普通の会社になってしまった様です。

おじさんは、又もや、ワクワク感の無いプレゼンで、朝方から、再度、琥珀色の液体と戯れたくなった事は、内緒ですよ。
ひとまず

from My iPad Air 2

Read Full Post »

暑いのなんの、って言葉になりませんね。そんな中、アツイ話題ではないですが、チョッと気になった話題を少し。

◼️ Windows10

29日から、アップデートできるようになったWindows10。僕は、古いWindows Vistaしか持ってい無いので、無償アップグレードができません。さらに、マシンが非力なので、アップデートできても、動かないかも知れません。所詮、確定申告用のマシンなので、今のままにして置こうかなって思っています。

Windows10の評判はあまり聞こえてきませんが、ネガティブな評判は無いような気がします。Windows8で失敗して、OSのメジャーな変更はこれが最後と言われる今回のアップデートです。

デスクトップやタブレットやスマホなど全てを、タッチパネル対応の共通のOSでカバーするという画期的なOSです。この点はMacOSとiOSの2つのOSを用意しているアップルより進んでいる訳です。 昔、JOBSがiMacをタッチパネル対応にしたいなどどと言っていましたが、中々実現しません。アップルは今回のMicrosoftの対抗策はどうするのかな。未だ、見えてきませんね。

Windowsのスマホをとして、Nokia636を持っています。プレビュープログラムに参加して、Windows10Mobileを体験してみましたが、いつまで経っても、日本語IMEがダウンロードでき無いので、Windows8.1に戻して、使っています。日本で技適を取ってい無いので、本当は違法ですが、快適に、Wifi環境で使える事ができます。iOSやAndroidとは違うWindowsMobileの世界を楽しんでいます。

確定申告用にWindowsマシンを使う理由は、住基カードの認証の為です。いくつか、Mac対応のICカード読み取り機を購入してみましたが、全て失敗。っということで、未だに古いDellのWindowsマシンが必要になっています。今年から、マイナンバーなどが導入されるようですが、Macでも確定申告が可能になるのは、何時のことやら。官僚のやることは、発想が貧弱だからあまり期待せず、ゆっくりと待ちましょうかね。

◼️ Pebble

PebbleTimeの日本語化がうまく無いようです。もちろん、日本語化は正式に対応されて無いので、問題発生は仕方が無いですね。今回の問題は、PebbleTimeのファームウエアをアップデートして、これまで積み残された様々な機能が追加され、その機能追加に、クラッシック対応の日本語化パッケージでは対応できなくなった様ですね。簡単に言うと、コマンド部分の日本語化がされていますが、これまで無かったコマンドが追加されたので、その部分の日本語化がおかしくなって、コマンドが正しく機能しなくなっている様です。

そこで、先人たちは、コマンド部分の日本語化をせずに、そこは英語のままで、データ内容のみ日本語化するパッケージを開発して配布してくれています。これで、うまくいっている人が多いようですが、他にも問題があるようです。

日本語化で結構問題が発生しているPebbleTimeですが、英語版のままでは問題なく動いているようですね。昔、英語版のまま利用していたPalmで、全てのアドレス帳やカレンダー、Todoなどを英語で記入していたことを思い出します。

僕が今持っているPebbleクラッシックは、問題なく日本語化パッケージが機能しているので、暫くはこれを利用して行こうと思っています。メール、SMS、通話、アラートなどの通知を日本語で、ひたすら発信してくれる健気なPebbleをもう離すことができなくなっています。

◼️ アップル

iPodが新しい成りました。特に、iPodTouchがiPhone6と同じ構成(画面サイズは4インチのままですが)に成って、最強のゲームマシンになったようです。音楽ファン向けにも、128GB版を用意するなど、考慮しているようです。

AppleMusicなどで、大容量で無いiPhoneで、何時でもどこでも好きな曲が聞ける時代を自ら作り上げて起きながら、大容量化したiPodTouchを販売する意図が少し見えませんけどね。おそらく、Sonyなどの携帯ゲームマシン対応としての位置付けならば理解できますが。

そして、この9月には待望のAppleTVの新製品の発表がある様です。Siriを使ったコマンド入力とホームオートメーションとの結合が図られるとの噂です。

未来図である、「暑いからエアコン入れて」「テレビの番組を録音しておいて」「電気つけて」などSiriに呼びかければ、その通りの反応が返ってくる時代がすぐそこまで来ているかも知れません。おそらく、はじめは、iPhoneのSiri程度、つまり、「今日の天気は?」「トップニュースは?」「料理のレシピを教えて?」などからスタートかも知れませんね。外では、Siriに話しかけることは恥ずかしいですが、家の中ならば、案外、簡単に馴染んでくるかも。。。。

おじさんは、久しぶりに、Siri対応のAppleTV登場という、チョッと未来を見せてくれるガジェットにワクワク感を唆られています。さて、さて、どうなることやら、相変わらず、琥珀色の液体とお友達になりながら、未来を想像することといたしましょう。
ひとまず

from My iPad Air

Read Full Post »

あまり、僕にとって興味の湧く話題が無かったのでかなりご無沙汰していました。季節も夏らしくなったので、少し書いてみようかと。。。

◼️   Apple Music

やはり、今一番の旬な話題ですよね。最初の3ヶ月間は無料で使えるので、早速登録してみました。もちろん、デファオルトで、自動継続になっているので、とりあえず、自動継続は「オフ」にしておきました。

今まで、iTunesで曲を購入する時は、触りしか聞けなかったのです。ところが、AppleMusicでは、提示された様々なアルバムを全て聞く事が出来るので、「こりゃお得だぞ!」っということで、色々なアルバムを聴きまくっていました。もちろん、データ通信料を爆食いするので、Wifi接続で聞くことになります。

「For You」では、自分の好み項目(本当に欲しい項目が無く、且つ、聞いたことが無いミュージシャンがボロボロ出てくる)を選んで、AppleMusic様にお勧めを教えていただく訳です。そして、これを片っ端から聴いていくと、意外にいい曲に巡り会え、そのアルバムの購入に至るっというビジネスモデルですが、月額980円でいつでも好きな曲が聞けるということで購入に至ることが、本当に有るのかな?

さらに、この「お勧め」が自分好みに成ってくるまでに、何度も選ぶ項目をリセットしたりしていますが、中々、思う通りにいきませんね。これも、Appleの作戦ですかね。「色々なものを聞くと意外と新しい自分の趣味を発見しますよ」、ってね。

ということで、1週間ほど聴きまくって、最近は、AppleMusicの「ラジオ」の「SmoothJazz」をもっぱら流しっぱなしにしています。通常のインターネットラジオのように、同じ曲を何度も聞かされることも無いので、これが、かなり良いことが解りました。

◼️   PebbleTime

僕の友人もやっと送られて来たよ、との連絡を受けました。2ヶ月遅れで、可哀想。

日本語化は、相変わらず、iPhone単体ではできず、一旦、Androidスマホで日本語化パッケージをインストールしてから、再度、iPhoneとペアリングしなければならないという、ややっこしい状況はまだ変わっていませんね。

とはいえ、ゲットした人の意見や投稿された画像をみると、皆さん、アニメーションがかわいい、ってな話でもりあがっているようですね。

僕は、チョッと微妙っと感じています。つまり、このアニメーションが、Coolと見るか、Cuteと見るか、です。腕時計の画面でアニメーションが踊っていてもあまりCoolに感じ無いのです。でも、今持っているPebbleクラシックが壊れたら、これを買うでしょうね。

一方、AppleWatchの売り上げが急速に落ちているようですね。

たくさん売れてたようですが、皆さんは、電車の中でこれをはめている人を見たことがありますか? 見分け方は簡単です。真っ黒な画面の腕時計をはめていたらそれはApple Watchっということです。僕は、一回だけ、電車の中ではめている人を見ました。さらに、テレビのコメンテーターの腕時計をいつも見るのですが、発売後、一人発見した程度です。こりゃ、やはり、駄作かな?

又、AppleWatch発売の余波なのか、Nikeが、FuelBandの発売終了(中止じゃ無いですよ)しちゃいました。いまや、Amazonで売れ残りを購入するしか手に入れる事が出来無いです。Nikeという会社は、ダイナミックというか、むしろ、ユーザー無視の会社という事が良くわかりました。

最近のこの分野では、オバマ大統領が利用しているFitBit、軽くて、安くて、防水も付いていて、Pebbleとも連携が取れるMisfit、の2つが元気良いみたいです。リタイヤの身である僕は、少し、睡眠の質などを心配しなければなら無いようですが、FuelBandのような事に成ってもしょうがないので、とりあえず、パスです。

◼️  iPod

ようやく、AppleもiPodのリニューアルを考えているという噂があります。単純に、いまのままのデザインで、世界のゴミ民族である中華向けにゴールドカラーを加えるという噂。さらに、iPodTouchをリニューアルするという噂もありますね。僕は、iPodTouchの5.5インチ版でGPSが付いて、LTE通信が出来る物が欲しいかな(要するにiPhone6Plusを買えば良い事かも)

◼️  Go Proの新製品

GoProの新製品が発表されました。これまでのGopro Hero4より50%も小さくしたキューブサイズのGoPro Hero Sessionの登場です。

イヤー、やればできるのですね。こんなに小さくなるとは思っていませんでした。これならば、頭の上や、腕につけていてもスポーツ本来の動きを邪魔しませんよね。僕は、ぜひ、プロのテニスプレーヤーの視点の動画を見てみたいな、なんて思っていましたが、これまでの大きさでは無理だろうと思っていましたが、Sessionならば可能になるかも。

もっとも、僕自身は、旅の記録に使っているので、こんなに小さなものは食指は動きませんが。。。。

おじさんの興味の対象は、少し、偏っているのでしょうかね。とはいえ、この歳になって、ワクワク感があるって事はいい事だ、と言い聞かせながら、いつものように琥珀色の液体、おっと、今日は、マティニーと洒落込もうかな。。。。

ひとまず

from My iPadAir

Read Full Post »

⚫️ SurfacePro3のバーゲンが始まっています。4月末までにSurfacePro3を購入すれば、全てに、キーボードカバー、タイプカバーが無料で付いてきます。14000円の物が無料で付いてくるわけですね。

ノートPCとして売るならば、キーボードは無料というのは当たり前のことであるのですが、あえて、今の時期にこのキャンペーンをするのは何故でしょうか。

SurfacePro3とよく比較されるのは、iPad Airです。12インチという大きなディスプレーとオフィスが使えるということでは、優位に立っていますが、それ以外では、iPad Airの方が優れているように思います。

そんな中、Microsoftは、iPad向けにオフィスを無料で提供開始しました。フルバージョンの機能を使いたい場合は、Windowsのオフィスを使わなければなりませんが、iPadユーザにとっては、タブレットでオフィスを使えるということはかなり画期的なことです。(僕は、今は、iWorkの方が使いやすいと思います。とはいえ、オフィスは、仕事で使っていた期間が長く、今でも何ら抵抗もなく使えてしまうのです。)

さらに、12インチのiPadの噂が現実味を帯びてきました。こうなると、SurfacePro3の優位点がほとんどなくなってきてしまうのです。タブレットという観点から見ると、仕事にはSurface、遊びには、iPad AirというこれまでのおなじみのMac対Windowsの住み分けが、崩れそうなわけです。

ということで、タブレットとしてiPad Airと競うことをやめて、ノートPCとしてさらに売ろうとキャンペーンを始めたのかもしれません。果たして、3万円台のWindowsノートが売られている中で、10万円以上するノートPCが売れるのでしょうか。優位点は、タッチパネルとデジタイザーペンの2点ですけどね。

⚫️ 本日、新しいPebbleが発表されました。カラーの背景を持つe-paper画面が付いて、少し薄くなった様です。AndroidのスマートWatchのような純粋なカラー表示でなく、背景だけをカラー表示しています。アプリごとに背景カラーが変わるのかどうかわかりませんが、少し華やいだことは確かです。また、文字や絵文字の表示切り替えの見せ方が、Macのように動きを取り入れています。

今持っているPebbleに替えて、これを購入するかは微妙ですね。値段も、Kickstater以外では、199ドルということで、いまの99ドルから100ドルも高くなってしまいます。僕としては、多言語化、取り分け、日本語の完全な表示が出来るならば、食指が動きます。この点は、「chinese comming soon!」と言っているので、ちょっと待ちですね。

⚫️ iPhoneの画面を印刷する「Rolto」と言うプリンターを買いました。Roltoというアプリだけでしか利用できないと思ったら、Safariやノートなどの「他のアプリで開く」ところで、アプリRoltoを指定すると、印刷できます。

RoltoをアクセスポイントとしてWifiで直接指定して接続する方法と、家庭内のWifiネットワークに参加させて接続する、2つの方法がありますが、直接指定するのが簡単です。しかし、この場合、iPhoneはWifiでRoltoに繋がっているので、インターネット接続されていないことを考えないとダメです。つまり、サファリであるページを検索して、印刷したい場合は、通常のWifi接続などでそのページを表示して、次に「iPhoneの設定のWifi設定」でRoltoを選択して、その後、Safariに切り替えれば、先ほどのページが表示されているので、「Roltoアプリで開く」をすれば印刷イメージがRoltoアプリで表示されて、印刷できます。ま〜、印刷品質はそれなりですね。

備忘録としてカメラで取り込んだ、バスの時刻表や、レストランの宣伝、重要なレシートなどを印刷して、ノートやメモ帳に貼り付けて置きたいときに便利ですね。っま〜、実用的かと言うとちょっと考えてしまいます。

Roltoアプリの「印刷できます」というアイコンが昔のMacのような顔をしたアイコンなので、ここが気に入って、購入しちゃった訳です。でも、むしろ、我が家では、Wifi接続されたmemopriの方が実用的です。ファイルの表題や付箋としてかなり使い込んでいます。

⚫️ Pebbleの話題が出たので、AppleWatchの話をしなければ成りませんかね。発売は4月ということですが、値段がとんでもなく高いようです。一番安いものでも、300ドル前後。高いもので、1万ドル以上するようです。ステータスシンボル的な商品価値の値付けですね。おそらく、おバカな中国人を想定しているのかな?

おじさんは、腕時計をはめなくなって、しばらく経ちます。Pebbleを購入してから、iPhoneを取り出さずに、通知を知ることが、すばらしい体験なので、Pebbleをはめるようになりました。メモや買い物リストなどの確認にも使えてかなり便利です。

民度が低い国の人向けに高価な時計を売る商売にアップルが挑戦するようですが、果たしてうまくいくのでしょうか。機能的にワクワクするような体験が出来る物を売り出すこれまでのアップルの方が好きだな。。。

(-。-;)(-。-;)(-。-;)

from My iPad Air

Read Full Post »

東北地震で、僕の住んでいるエリアも久しぶりに停電になりました。

情報を収集したいと思いますが、停電のため、光回線のルーターやWifiが使えなくなります。さらに、この回線を利用したフレッツテレビも動きませんね。もちろん、停電なのでテレビ自身も動きません。

 

こうなると、情報収集は、携帯回線に繋がったiPhone、電池駆動のラジオぐらいなものです。(実際は、かなり古い白黒のアナログ携帯テレビも電池で駆動して使えました)

これらの2機種はいずれバッテリーが切れてしまいます。そこで、充電用の電池をいつも満充電にして、数本用意してあります。さらに、下のような充電用電池からiPhoneに給電できるものまで用意してあります。

IMG_0109

これで、短時間ならば凌げるはずです。実際、家族との連絡をiPhoneを使ってやることができました。また、家族の外出先の情報をラジオから収集してSMS、GMAILで連絡してあげることも可能でした。

 

幸い、東北地震の場合、次の日には電気が通じて、全てが動き始めたので、それまで、バッテリー不足には陥らず、iPhoneと ラジオ、アンログテレビを十分使うことができました。

 

さて、今回の経験を踏まえて、停電が数日続いた場合の対策をいろいろ考えていたわけです。充電池を使い果たした後はどうするかということで、昨年の紹介した手回し充電器が付いたラジオを購入しました。

このラジオが優れている点は、電池でも駆動し、電池が切れた場合、手回し発電機を使って充電できるのです。さらに、この発電機にはUSBの出力端子が付いていて、このケーブルを使って、手回して発電した電気をiPhoneに補給できることです。つまり、この手回し発電器があれば、iPhoneなどの機器に、USBケーブルをつないで充電できる訳です。もっとも、手回しハンドルを回す元気が有ればですが。。。

 

携帯回線を通じて、インターネットに繋ぐ機器は、我が家には、iPhoneとiPad miniの2台あり、それぞれにMVNOのSIMを入れてあります。ドコモの回線がダウンしない限り、インターネットに接続は可能です。さらに、手回し発電器には、ラジオが付いています。FM、AM双方に接続して、情報収集ができます。

 

問題は、テレビですね。アナログ放送が無くなったので、白黒のアナログ携帯テレビは使えません。我が家はワンセグが入るエリアなので、ワンセグテレビでも見たいところです。

昔のガラケイには、ワンセグ放送の視聴機能がついているものがありました。残っていた古いワンセグ付のガラケイを取り出して、ワンセグ見ようとしましたが、契約が有効なSIMカードが無いと地域検索ができないからなのか、これまた、使えません。

次に考えたのが、iPhoneやiPad miniに接続するワンセグチューナーの購入です。Lightning端子に接続するものが最近出てきております。ところが、よく調べると、このチューナーはiPhoneから電源の供給を受けるようで、バッテリーが逼迫している災害時にはあまり実用的ではありません。

 

単体で画面が付いた、かつ、USB充電できるワンセグテレビは無いだろうかと、色々と探したのですが、これがほとんど見かけません。最近になって、やっと、YAZAWA ワンセグTV(TV05)というのを発見しました。これは、2.3インチの画面を備え、かつ、マイクロUSB充電端子で充電できるものです。ということは、手回し発電器から給電出来る訳です。

IMG_0014

これで、災害時の3種の機器が揃いました。準備万端。とはいえ、災害は備えをして置くことが重要ですが、災害が起きないことに越したことはないわけです。。。。

 

 

おじさんは、今までは、音楽を流しっ放しでiMacを使っていました。このワンセグTVを購入してからは、ワンセグテレビを点けっぱなしで、iMacを利用しています。時々、重要なニュースが飛び込んできたりして、結構、この状態を気にっています。

( ´ ▽ )ノ( ´ ▽ )ノ( ´ ▽ ` )ノ

ひとまず

from My iPadAir

 

Read Full Post »

最近は、珍しく、アップルのCookやSir.Iveがインタビューに応じているけれど、話題はもっぱら、Watchについてが多いですね。とはいえ、未だに、実態が見えてきません。

 
果たして、いつ発売されるの、値段は、機能はどれだけ期待して良いの、等々全く解りません。腕時計では、Androidが先行しているので、事前に情報を流して、Androidに多くの人が流れるのを防いでいるようにしか見えないのは、僕だけでしょうか?
事前情報は、良い要素ばかりが強調されることが多いですね。ところが、ごく最近、ネガティブネタが披露されました。

それが、このブログ記事です。Tim Cookがインタビューで語った内容で、「腕時計を毎日巻くように、Watchも毎日充電が必要だよ」ってなことが語られたようです。

 
困ったことです。AndroidのLG G Watchを持っていましたが、毎晩、充電が必要です。毎日、外出する必要の無い僕のような生活をしていると、外出する前の日に充電すれば良いのですが、毎日外出する必要があるときは相当苦痛かも知れません。

特に、旅行などでは、iPhone,iPad,Kindle,デジカメなど充電を気にするアイテムが多く、さらに、腕時計も充電を気にしなければ成らないのは、結構ストレスかも知れません。今は、自動巻の機械式腕時計を持って行っているので、ねじ巻きなど全く考えずに過ごしています。

 
新しい機能をエンジョイするためには、それなりに、努力も必要なことなのでしょうかね?よほど、気に入った機能が付いていなければ、充電のことを考えると、スルーしそうな感じになってきました。

 
ところで、最近、興味が湧いているのが、Pebbleというデジタル腕時計です。もちろん、iPhoneと同期して、通知を知らせてくれます。さらに、iPhoneで再生している音楽を腕時計で操作できます。何より、良いことは、白黒のe-inkのような画面なので、外でも視認性が良く、且つ、バッテリーが7日間ほど保つとのこと。日本語化されていないので、クセがありますが、昔のPalmのような雰囲気を醸し出しています。
 

Android腕時計を使ってみて、

  • 外での視認性が悪いと運転中に時間確認も難しい、ましてや、カラーである必要が無い
  • 画面が小さく、タッチが難しいので、別にタッチスクリーンである必要も無い
  • 音声入力で文章を入力するなどまずしないね
  • カラー画面の良さを利用して地図を表示しても、小さくて、全体像が全く解らない

ってなことを考えると、当たり前の視認性を求めて白黒画面で充分、さらに、着信通知は、腕時計が震える程度の通知で充分。メールの文章は発信者が重要な人ならば、iPhoneを取り出してじっくり見る必要があります。それ以外は、着信を認識すれば良いだけのような気がする。何より、時計本来の外でも時刻がサッと見えて、充電が1週間ほど保ってくれるのが一番ですね。

 
おじさんは、Watchの実態が解ってくるに、ワクワク感が少しずつ失われて、Pebbelに走っちゃいそうで。。。。
(-。-;)(-。-;)(-。-;)

ひとまず
from My iMac

Read Full Post »

Older Posts »